30代未経験でプログラマーへの転職を目指す場合の学校選び

 

プログラマーになろうと思ったとき、第二新卒や20代であれば、どんなスクールでも専門学校でもいいと思います。

 

でも30代以上で、未経験でエンジニアを目指す場合は、学校選びに注意してほしいです。

 

この年になると背負うものが変わってくるからなんですよね。

 

転職・・・しかも未経験から踏み出そうと思うと、必ずついて回るのがお金の問題です。

 

特に30代なら、家族を養っている人も多いのではないでしょうか?

 

かくいう私もそうでした。

 

そういった場合に、通常のプログラミングスクールでは、最終目標である転職がかなり大変になります。

 

若いうちなら元気さやポテンシャルで、専門学校側も自信をもって企業に送り込めますし、企業側だって採用しやすいですよね。

 

特に若いころの専門卒とかは、業種にもよりますが、即戦力として期待される場合も多いようです。

 

どうしても大学卒業だと、現場レベルのプログラミング技術を持って卒業していける人は少ないんですよね。

 

その点、専門的なスクールで学んだ学生の方が、現場レベルで要求される技術を持っているなんて場合もあるからなんです。

 

だから20代のうちくらいなら、どこであろうが一生懸命勉強して、技術を磨いて、しっかりとしたポートフォリオを準備することができれば、採用に至りやすいわけです。

 

でもこれは先ほどから書いている通り、「若い」場合です。30代・40代というのは、「スクール選び=転職活動」くらいの気持ちで選ばれた方がいいと思います。

 

 

30代で求められること

 

プログラミング業界で30代なら上流工程で管理する立場にいる場合がほとんどでしょう。

 

20代でプログラマーとしての知識や技術を身に着けつつ、先輩の指示や工程管理を間近で見ながら、徐々にステップアップしていく。

 

30代ともなれば、SEとしてプロジェクト全体の管理から、後進の育成も行っていくものです。

 

 

そんな業界ですから、30代で未経験の人間を採用してくれるのはよっぽどのことがないと難しいですよね。

 

もちろんそれまでの経験がプラスに働く人だったらいいでしょう。

 

例えば、金融関係につとめていて、そこで使うシステムを開発する会社にチャレンジする。

 

飲食や小売りの業界にいたなら、POSシステムを提供している会社に転職を目指す。

 

こういった場合は、それまでの経験が、入社してからのシステム開発に役に立つ可能性があるので、少しは門戸が広がると思います。

 

 

大変なのは、まったくの畑違いの場合。売りにできることがないわけですから、転職はたやすいことではありません。

 

たとえば板前さんだった人がゲームアプリを開発する会社に転職しようとしても、共通点が見つかりにくいですよね・・・。

 

 

30代未経験の場合、どんなプログラミングスクールで学べばいいか

 

目指すエンジニアの内容が今までの経験を活かしにくい場合、現実的な選択肢は2つかな?と思います。

 

・在学中に「アッ」とおどろくアイデアを形にした作品を作る。

 

これはもちろん完全な形になっていなくてもチャンスはあると思います。

 

そのアイデアが素晴らしものであれば、企業はあなたのアイデアやポテンシャルに惹かれるはず。

 

とくにアプリ開発はアイデア勝負の部分もあるので、十分可能性がありますよね。

 

 

・転職について力を入れているプログラミングスクールで腕を磨く

 

そして、もう一つはやはり転職に強いところで学ぶことですね。

 

幸いにも私の場合はタイミングや運も味方して転職することができました。

 

しかし今思えば、冒険というより無謀なチャレンジだったと思います。

 

家族も養わないといけないのに、あの時失敗していたらと思うとゾッとします。

 

ですから、もしアイデアにもまだ自信もない…。次の仕事を決めないと辞められないという方は、転職サポートに力を入れているプログラミングスクールに行ってください。

 

こちらのページでも私の率直な感想をつづっていますが、TECH::EXPERT(テックエキスパート)は候補の一つに入れられるといいと思います。

 

プログラミングを勉強しながら、親身になって転職サポートしてくれるんですよね。

 

しかもその転職成功率が97%・・・率直に言ってすごいです。(→ 卒業生の実績を見てみる

 

私が転職活動しているときに、このスクールがあったら本当によかったのにな・・・と思ったくらいです。

 

もちろんほかにも転職に力を入れているスクールはあるかもしれませんので、近くにあればラッキーですね。(ただ30代歓迎のようなところを探してくださいね)

 

いずれにしても、「最終的にはエンジニアとして転職するんだ!」という強い気持ちで探すことが必要です。

 

こういったスクールはなかなか見つからないかもしれませんが、見つけたらぜひ話を聞きに行ってください。

 

大体どこでも無料で相談に乗ってくれるはずです。

 

まずは、「自分の年齢でプログラミングの勉強を終えて、転職できそうなのかどうか?

 

これを焦点に率直に気持ちをぶつけてみましょう。

 

 

転職は毎日の生活が楽しいものになる

 

未経験で転職を考えている場合、早ければ早いほどいいのは言うまでもありません。

 

実際、転職さえ成功してしまえば、現場の技術レベルには頑張ればすぐ追いつけます。

 

まずは自分の年齢でも未経験でプログラマーへの転職が可能などうかを相談することで一歩を踏み出してください。

 

本当に好きなことを仕事にした毎日は楽しいです。

 

かつて日曜の夕方が大嫌いだったのに、今では月曜が来るのが楽しみで仕方ありません。

 

「これが仕事が楽しいってことなんだ!」と常々感じています。

 

仕事なのか趣味なのかわからないくらい楽しめる、そんな充実した毎日が待っていると思いますので、あきらめずに頑張ってください。

 

 

page top